WAKEY BOOの使い方は、他の一般的なウェイクベイトと同じで、水面直下もしくは頭だけ入った状態で引き波を立てながら使うのが基本になります。48gと重いですが、フローティングなので表層レンジが簡単に狙えます。 ここでは使い方のポイントについて、簡単にですが解説していきます。

WAKEY BOOが他のウェイクベイトと違う点は、とにかく低速でも強い波動が出せるところです。普段他のウェイクベイトを使っている人は、普段の釣りよりさらに一段階スピードを落として巻いてみて下さい。きっとビックリすると思います。
タダ巻きだと表層をワイドなウォブンロールで引き波を立てながらですが、状況によっては背中が皮一枚水中に入るくらいで引いてきたほうがいいこともあります。 テクニック❶でも解説しますが、潜らせれば30〜50㎝くらいまで入るので、ベイトの層が厚いな……と感じたときは、少し下のレンジを巻いてくるのも効果的です。状況に応じて巻きのスピードやレンジを変えながら探ってみて下さい。



シャローレンジがメインとなるWAKEY BOOだが、ロッドの角度でレンジを調整するのは他のルアーと変わらない。その中でも特に意識したいのが、水面下数㎝の差だ。 魚の活性やベイトの状態によっては、水面に大きな引き波を立てるのかどうか、ルアーが水面から出ていたほうがよいのかが変わってくるので、ロッドの角度と巻き速度の組み合わせを何パターンか覚えておこう!

[画像をクリックで拡大します]


WAKEY BOOは低〜中速で使うのが基本ですが、中速から高速リトリーブ中にラインを張った状態でハンドルを4分の1回転くらいクイックに1〜2回動かすと、巻きだけで約40㎝の幅を不規則に飛ぶように移動する(オートマチックにジャークを入れる)ワープアクションが可能です。これが強力な誘いになるので、タダ巻きで喰わないときに有効でした。 涸沼のような止水域ではなくて、河川のような流れがある場所では、クロスに投げてラインを張るだけで勝手に泳いでくれるので、回収時以外は巻かないで平気です。止水から流れのある川までどこででも使えるので、いろいろなフィールドで試してみてほしいですね。




最後にキャストについてですが、WAKEY BOOを快適に使うには、ロッドパワーはM以上がベストですね。Mだとだいたい35gまでのルアーが使用する目安になるので、強めのロッドと比べても遜色ない飛距離を出すことができます。
フック込みで48gと規格外のヘビーウェイトですが、MLクラスのロッドでもテクニック❸のペンデュラムキャストで投げればキャストが可能です。但し、弱めのロッドでティップだけを使ったキャストをしてしまうと、ロッドが破損する恐れがあるのでご注意ください。
大きな泳ぎが特徴のWAKEY BOOは、ラインスラッグがある状態で急激なアクションを加えるとフックがラインを拾いやすいので、ラインスラッグを取ってからアクションを始めるようにしましょう。と言っても、キャスト時に絡んでしまう人は、キャスト方法がよくないんだと思います。ちゃんとペンデュラムキャストが出来ていれば、移動重心なので立ち上がりでフックが絡むことはほとんどありません。
[画像をクリックで拡大します]







ウェイキーブーの開発秘話や使用方法が載ったロンジンマガジン最新号Vol.8が、弊社製品取り扱い釣具店にて無料配布中! ぶーちゃんが完成するまでのエピソードなど、ここでしか読めない内容が満載! ぜひ釣具店でお手に取ってみて下さい。











WAKEY BOOは、伊藤がLONGIN.に必要としていたシャローレンジをカバーする製品と、田口が思い描いていたシャローを攻略するためのルアーに対する想いが融合してできた、まさにビルダーとアングラーの力が一つになって生まれたルアー。これは、LONGIN.としても初の試みである。詳しくはロンジンマガジンVol.8を読んで欲しい。